ECのリピート率アップに貢献するおすすめツールをご紹介

EcWork編集部

ECサイトにおける売上アップを目指すなら、リピート率を向上させることが肝心です。リピートユーザーの存在は定期的な売上を見込めるだけでなく、ブランドの価値を実感し周囲に発信してくれるファンを拡大する上でも重要度が高いといえます。

そこで今回は、ECサイトのリピート率アップに貢献してくれるおすすめツールをご紹介します。

パレートの法則に見るECでのリピートユーザーの重要性

ECサイトのユーザーは、大きく新規ユーザーとリピートユーザーに分けることができます。一般的にECサイトのリピート率は30~40%です。この数字だけを見ると新規とリピートの重要性に大差ないように感じますが、注目したいのがパレートの法則です。

パレートの法則とは売上の大部分は少数の顧客によって担われているという考え方です。「80:20の法則」とも呼ばれており、全体の売上の80%は約2割のユーザーによってもたらされるというもの。この法則に照らし合わせると、リピートユーザーの存在がいかにサイトの売上に影響を与えるかが理解できます。

リピートユーザーはLTVを向上させる

リピートユーザーの重要性を、もう少し掘り下げてみましょう。

ECサイトで重要な指標の1つにLTVが挙げられます。LTV(Life Time Value)とは「顧客生涯価値」と呼ばれるもので、初めて商品を購入してから生涯の間に、顧客がどれだけの利益をサイトに自社にもたらしてくれたかを測る指標です。何度もサイトを利用してくれるリピーターはLTVの指標が高まる傾向にあり、サイトに中長期的な利益をもたらしてくれます。

また、コスト面からもリピートユーザーは大きな価値を提供してくれます。新規顧客を獲得するには、広告宣伝費が多くかかります。利用したことがないサイトへSNS広告やバナー広告から集客するハードルは高く、費用は大きく膨らみます。ECでは定番の初回お試し商品を提供する方法も、コスト面では重荷になるでしょう。一方、リピートユーザーならこうした広告宣伝費を安く抑えることが可能。サイトを利用した経験があるため、リピート施策やアップセル施策に注力することで、コストを抑えることができるでしょう。

これからのECは消費行動の変化にも対応が必要

近年、若年層を中心に消費行動が大きく変化しています。従来までの商品の機能性や価格といった「モノ」に価値を置くスタイルから、商品を購入したことで得られる体験やサービスといった「コト」に重きを置くスタイルへと変化しました。

ECでもただ安い・品質は良い、といっただけでは大手との価格競争に飲み込まれるばかりで、売上を拡大することが難しくなっていくでしょう。

今後ECサイトの売上を高め、事業を成長させていくにはユーザーに新たな価値を提供する「コト」視点のアプローチが不可欠です。こうしたアプローチの先には、必ずリピートユーザーが存在します。体験とは刹那的なものでなく、ストーリー性があることが少なくありません。サイトのリピート率をアップさせることは、時代のニーズに対応するとことと同義といえるでしょう。

ECのリピート率アップにおすすめの6つのツール

具体的にECサイトのリピート率をアップするには、マーケティングツールを活用するのがおすすめです。

EC向けのマーケティングツールには多彩な種類が存在していますが、リピート率を意識したツールを導入するなら、

  • CRM
  • アプリ

関係のツールを選ぶのが効果的でしょう。

CRM向けのおすすめツール4選

CRMとは、Customer Relationship Managementの略で、日本語では「顧客関係管理」と呼ばれます。

顧客との関係を一元的に管理し、より良好な関係性を築くことが目的で、優良顧客の育成に効果を発揮します。優良顧客が育成できれば、リピート率のアップにも繋げることができ、サイトの売上向上を図れるでしょう。また、顧客の情報管理や分析、顧客ごとに最適な施策の実行をすべてツール上で完結することで、作業の最適化が可能。他社との差別化にも繋がることから、売上を最大化することが可能です。

1.うちでのこづち

うちでのこづち

うちでのこづちは株式会社E-grantが提供するCRMツールです。中堅・大手向けのツールとして知られており、これまで500社を超える導入実績をほこります。

サイトの課題を的確に特定し、売上のアップに繋げることができ、これまで蓄積してきた運営ノウハウをフルに活用して結果に繋がるサービスを提供しています。また、独自の分析機能とデザイン画面を搭載することで、事業者の利便性向上に配慮されている点も強みの1つです。

【利用料金】

  • 初期費用 見積り
  • 月額料金 月額料金 29,800円~

料金は月額料金制で、顧客数に応じた従量課金制を採用しています。利用した分だけ料金が発生するため、費用対効果が高くコストの抑制にも貢献してくれるでしょう。

2.MakeRepeater

make repeater

メイクショップ株式会社が提供する中小規模向けのCRMツールがMakeRepeaterです。高度な顧客情報の収集・分析機能が用意されており、メールマーケティングを中心とした施策を実行することでリピートユーザーの獲得を後押ししてくれます。アニメーションを使った直感的操作画面もメリットの1つ。

また、メイクショップといえばASP型のEC構築サービスが有名ですが、ECに関する専門的なノウハウの蓄積がある点もサービスの魅力に数えられるでしょう。

【利用料金】

  • 初期費用 30,000円
  • 月額料金 10,000円~

MakeRepeaterでは、登録するメールアドレスの数に応じて料金が設定されています。最安で月額10,000円~と手頃な料金でスタートできることから、事業規模の小さい企業でも導入しやすいでしょう。

3.カスタマーリングス

カスタマーリングスは株式会社プラスアルファ・コンサルティングが提供するクラウド型のCRMツールです。「現場で即戦力となる」サービスの設計・提供を目指しており、高い機能性と利便性は事業者からの高評価を集めています。

顧客1人ひとりをIDにより紐づけて管理することで、あらゆるデータを一元的に管理することが可能。また、サービスはノンカスタマイズでもすぐに導入できることから、専門的な知識に乏しい事業者やできるだけ早くサービスを導入した事業者にもおすすめです。

【利用料金】

  • 初期費用 見積り
  • 月額料金 見積り

カスタマーリングスの利用料金は、サイトの規模や顧客データの件数によって変動します。詳細な金額は見積りとなるため、カスタマーフォームに問い合わせてみましょう。

4.Synergy!

Synergy!はシナジーマーケティングが提供するクラウド型のCRMツールです。中堅・大手向けのサービスとして2,000を超える導入実績をほこるなど、EC向けのCRMとして高い評価を得ています。

特徴は、CRMを一気通貫で利用できること。データの管理から収集、施策の実行までをツール1つでまるごとカバーでき、事業効率を高めることができます。マーケティングオートメーションを実現するにはぴったりのツールで、リピートユーザーを獲得し売上の最大化に貢献してくれるでしょう。

【利用料金】

  • 初期費用 118,000円
  • 月額料金 15,000円~

Synergy!の料金は月額制で、ベースとなるデータベース機能とフォーム機能が搭載されています。これだけでもサービスとしては十分ですが、より多彩な機能を利用するためのオプションも用意されており、機能を拡充することが可能です。

アプリ向けのおすすめツール2選

近年リピート率アップに効果的として注目度が高まっているのが、アプリです。

スマホが爆発的に普及したことで、アプリの利用率も上昇。これに合わせて、商品やサービスが自社独自のアプリを開発しリリースする動きが活発化しています。

アプリのメリットとして自社だけのメディアを持つことできる点が挙げられます。ユーザーと直接繋がることができ、Web広告やSNSでは媒体の世界観に依存する必要がありません。自社の世界観を過不足なる伝えることができるた、コンバージョンに繋がりやすくリピート率を高めることが可能です。

一方で、自社でアプリを開発するとなると専門的なスキルや開発期間がネックとなります。アプリ開発向けのツールは、こうした課題を解決しスピ―ディーなアプリ開発をサポートしてくれます。

1.Yappli(ヤプリ)

Yappli(ヤプリ)は、株式会社ヤプリが提供するクラウド型のアプリ開発プラットフォームです。

ノーコードでアプリを開発できるため、プログラムを一切書かずにアプリを製作することができます。また、クラウドでのサービス提供となるため、常に最新のOSにアップデートした状態で利用することが可能。トレンドやセキュリティの変化に素早く対応することができるでしょう。

【利用料金】

  • 初期費用 見積り
  • 月額料金 見積り

Yappliの料金は、初期費用・月額料金ともに見積りでの計算となります。初期費用は、アプリの企画提案・アプリ制作・UI/UXデザイン・iOS/Android・ストア申請支援に関する費用。

月額料金では、運用管理画面・カスタマーサポート・サーバ運用・保守/監視・OSアップデート対応 ・ 全ての標準機能の利用といった項目が含まれます。

2.クロスポイント

クロスポイント

クロスポイントは、株式会社アイルが運営するASP型の顧客・ポイント一元管理システムです。顧客の属性や行動、ポイントの情報をシステムで一元的に管理することが可能。また、サービス内にはオプションとしてアプリ開発も用意されており、マーケティングの最適化とアプリ開発を1つのサービスで完結できる点が魅力の1つです。

【利用料金】

  • 基本料金 30,000円/月
  • 店舗ライセンス料 3,000円/月(1店舗あたり)
  • アプリ開発 50,000円(オプション)

クロスポイントの料金は、月額の基本料金と、データを共有する店舗の数に応じてライセンス料が発生します。また、アプリの開発はオプションとして用意されており、50,000円に設定されています。

まとめ

今回はECのリピート率アップに繋がる、おすすめのツールをご紹介しました。リピーターの獲得は、売上のアップにはもちろん、LTVを向上させる観点からも不可欠な項目です。各種ツールは、業務を最適化しリピーター獲得に繋がる施策を実行することで、売上の最大化に貢献してくれます。