独自アプリを開発できるクロスポイントの特徴や料金プランは?

EcWork編集部

クロスポイントは実店舗とECサイトの顧客・ポイント情報を一元管理できるASPサービスです。

サービスにはスマートフォン向けアプリの開発機能が用意されており、独自アプリを開発して集客・販促効果を高めたい事業者におすすめのサービスとなっています。

今回は、クロスポイントのサービスの特徴や料金プランを、アプリ機能を中心にご紹介します。

クロスポイントとは?

クロスポイント

クロスポイントは、株式会社アイルが運営するASP型の顧客・ポイント一元管理システムです。

クロスポイント 特徴

実店舗とECに関する顧客情報や購買情報、ポイント情報を一元的に管理。それぞれのチャネルを横断して情報を統一管理できるため、ユーザビリティの向上やオムニチャネル化の実現に繋げることができます。

また、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)型のサービスを採用することで、サービスの低コスト化も実現。顧客情報の管理はサービス導入時のコストや作業負担が大きく、中小規模の事業者にとってはハードルの高いものでしたが、クロスポイントならこの課題をクリアすることができます。

店舗独自のアプリを開発することが可能

クロスポイント アプリ

クロスポイントの特徴の1つに、店舗独自のアプリ開発機能があります。

スマートフォンの普及にあわせて、ユーザー向けの独自アプリの存在が一層注目を集めるようになりました。クロスポイントでは、サービスを通じて取得・蓄積したデータを元に店舗独自のアプリを開発することが可能。

会員証やECサイトへの誘導・遷移はもちろん、ニュースやコンテンツの配信、ポイント機能に至るまで多様な施策を導入することが可能です。

自社アプリの存在がEC運営を加速させる

EC事業において自社アプリの存在は、サイトの運営を加速させる起爆剤となります。

アプリのプッシュ通知は、メルマガに比べて開封率が高く、ユーザーへの訴求効果も高いことで知られています。ECにおいてはいかにユーザーに自社の存在や施策を認知してもらえるかが集客の鍵を握りますが、その点では自社アプリの有無が大きなポイントとなるでしょう。

また、自社アプリは、自分たち専用のコンテンツ配信ツールと言い換えることができます。Web広告では他サイトへの離脱も考えられますが、アプリなら自社のコンテンツのみを周回させることができるため、コンバージョン率のアップやブランディング効果を向上が期待できるでしょう。

クロスポイントの店舗アプリ機能を紹介

ここからは、クロスポイントの店舗アプリ機能について、詳しくご紹介していきます。

クロスポイントのアプリでは、下記の主要機能を利用することで、集客や販促、データ管理を行うことができます。1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.会員証・ポイント

1つ目は、会員証・ポイント機能です。

クロスポイントのアプリは、インストールするだけですぐに会員証として利用することができます。店舗での書類登録は必要なく、ストレスのないお買い物を提供。表示されるバーコードで1つで、会員情報やポイント管理が可能です。

また、ユーザーはアプリ内でポイントの照会や購入履歴をすぐに確認可能。スマホ1つで店舗でのお買い物情報をまるごとチェックすることができます。

事業者側からすれば、アプリを使って顧客情報を管理できるだけでなく、オムニチャネルによる戦略を手軽に導入することができます。

2.ニュース配信

クロスポイント アプリ ニュース配信

2つ目は、ニュース配信機能です。

ニュース配信機能では、アプリを使ってセール情報や新商品の入荷といったニュースを配信することが可能。配信されるニュースには店舗情報が連携されているため、アプリのニュースを見たユーザーを実店舗へ誘導することができるでしょう。もちろん、ECへの集客でも高い効果が期待できます。

また、ニュース情報はアプリ内のトップページに掲載できる他、プッシュ通知での配信にも対応。先ほども触れたようにプッシュ通知は開通率が高く訴求効果が高いツールとして知られています。

効果的な集客を実現する上で魅力的な機能と呼べるでしょう。

3.アプリクーポン

クロスポイント アプリ クーポン

アプリユーザー向けに配信するアプリクーポン機能も販促効果の高い機能です。

アプリクーポンでは、任意のユーザーに向けてさまざまなクーポンを発行することができます。クロスポイントで収集したデータを元にセグメント分けして配信できる他、来店者限定や店舗限定といった柔軟な施策を投入可能です。

クーポンは新規ユーザーの獲得はもちろん、リピートユーザーの獲得にはとくに効果を発揮します。ECサイトなら購入履歴とリンクさせてクーポンを配信するといった施策が考えられるでしょう。

4.コーディネート配信

クロスポイント アプリ コーディネート

4つ目は、アプリで旬のコーディネート配信が可能だということ。

例えば、アパレル店舗であれば季節ごとのコーディネートを性別やアイテム、使用シーンなどに合わせて配信することができます。

コーディネートで紹介した商品はそのままECサイトに連携させることができ、コンバージョン率のアップが期待できるでしょう。また、実店舗向けにGPS検索機能も用意。SNSとの連携機能も用意されているので、店舗のスタッフが商品の着こなしや使い方をアップし、SNS上でアピールすることもできます。

5.在庫表示

クロスポイント アプリ 在庫表示

5つ目は、在庫表示機能です。

アプリから商品を購入する場合、ユーザーが気になるのが在庫の有無でしょう。クロスポイントのアプリでは、ECはもちろん実店舗の在庫情報をすぐに確認することができます。実店舗を訪れたにも関わらず、欲しい商品がなかったといった体験は、ユーザーのモチベーションを下げる一因です。

こうしたリスクを避け、スムーズな購入体験を提供できる点は、在庫表示機能のメリットと呼べるでしょう。

6.その他のアプリ機能

クロスポイント アプリ その他

クロスポイントのアプリには、上記でご紹介した機能以外にもさまざまな機能が用意されています。商品を一覧でチェックすることができるカタログ機能や、実店舗の情報をチェックできる店舗詳細機能など、集客・販促に役立つ機能が充実しています。

クロスポイントに料金プランは?

では、クロスポイントのサービスを利用する際の料金プランはどうなっているのでしょうか。料金の詳細について見ていきましょう。

料金は基本料金+1店舗ごとのライセンス料

クロスポイントの料金プランは、基本料金と1店舗ごとのライセンス料を合算した金額となります。

基本料金30,000円/月
店舗ライセンス料 3,000円/月(1店舗あたり)

基本料金は月額で30,000円。こちらはポイント管理、顧客管理といったクロスポイントの基本機能を利用するための料金となっています。

店舗ライセンス料金とは、クロスポイントのサービスを利用して情報を一元化する店舗の数に応じて発生します。こちらは1店舗あたり月額3,000円です。

クロスポイント 料金プラン

例えば、ECサイトを1つと実店舗を3つでサービスを利用する場合は、上記のような金額になります。連携する店舗数に応じて費用が発生するため、コスト面での無駄がなく費用対効果が高くなる仕組みを採用しています。

アプリの作成はオプション料金

さて、今回ご紹介しているアプリの作成は、基本料金とは別のオプション料金となっています。

オプション料金
アプリ作成50,000円/月

料金は月額で50,000円で、コーディネートや店頭在庫機能は別途見積もりが必要となります。

オプション料金登録顧客件数
メール配信10,000円/月 100,000件

また、メール配信機能では、ターゲットメール配信を利用することができます。こちらは、クロスポイントで管理するユーザー情報を利用して、個別にメールを配信する機能。ユーザーやセグメントごとに最適化したメールを送信できるので、開封率や集客効果が期待できます。

料金は月額10,000円で、登録顧客件数100,000件まで対応可能です。顧客件数がオーバーする場合は、別途見積りとなります。

まとめ

今回は、実店舗とECサイトの顧客・ポイント情報を一元管理できるASPサービス「クロスポイント」について、アプリ開発機能を中心にサービス概要や料金プランをご紹介しました。

スマートフォンでのショッピングが中心となった現代では、自社アプリが集客・販促における有効な手段の1つとなりました。クロスポイントなら顧客・ポイント情報を一元的に管理できるだけでなく、蓄積した情報をアプリ運営にも活用することができます。

ECに関する最新の情報を集めるなら、EC Workがおすすめです。ECの構築から運営に関する各種情報を幅広く届けしています。EC事業者の方にとって役立つ情報が揃っているので、ぜひ参考にしてください。