CRMツール「Synergy!(シナジー)」とは?特徴/機能/料金プランをまるごと紹介

EcWork編集部

「Synergy!(シナジー)」はシナジーマーケティングが提供するクラウド型のCRMツールです。

企業のデータベースを一元管理し、最適な施策を実行することで、ECの売上や運営効率を高めることができます。

今回は、Synergy!の特徴や機能、料金プランに至るまで、サービスの全容を詳しくご紹介します。CRMツールのサービス選びを検討中に方に役立つ情報となっています。

Synergy!とは?

Synergy! シナジー

Synergy!(シナジー)とは、株式会社シナジーマーケティングが提供するクラウド型のCRMツールです。

このサービス1つで、EC企業のデータベース管理や分析、施策の実行をまでをトータルで利用することが可能。自社マーケティングのオートメーション化を目指す事業者のニーズを叶え、売上アップや事業の効率化に貢献してくれます。

2000年のサービスリリースから、これまで2,400サイトがサービスを導入。運営ノウハウの蓄積はもちろん、Yahoo!グループ(※)の持つ高い技術力を活かしたサービス提供や信頼感も、事業者からの評価を集める理由の1つです。

※シナジーマーケティングはYahoo!のグループ企業

Synergy!(シナジー) の公式サイトはこちら

Synergy!の強みとなる3つの特徴は?

では、具体的にSynergy!のサービスの強みと呼べる3つの特徴を見ていきましょう。

1.CRMを一気通貫で利用できる

シナジー CRM

1つ目の特徴は、自社のCRMを一気通貫で利用できるということ

CRMはECサイトの売上や事業効率のアップに欠かせない施策ですが、実行するタスクや管理する項目が多く、事業者の負担が大きくなる点が課題といえます。

Synergy!ならサービスを導入するだけで、自社のデータベース管理から分析、各種施策の実行に至るまでを一気通貫で利用することが可能。CRMに関するすべてのタスクを、これ1つでカバーすることが可能です。

事業者からすれば複雑なCRM業務が一元化できるため、作業効率の大幅なアップが期待できます。また、質の高いサービスを利用することで自社の課題を洗い出し事業の改善に繋げることが可能でしょう。

2.使いやすい画面デザイン

2つ目の特徴は、使いやすい画面デザインです。

先ほども触れたように、CRMは実行するタスクや管理する情報が多岐にわたります。そのため、ツールそのものが使いやすく、分かりやすいかどうかは重要なポイントの1つです。

Synergy!では無駄な機能やデザインを徹底的に省き、マニュアルなしでも使いやすい画面デザインを採用。データ管理や分析画面はもちろんのこと、各タスクの設定・実行画面がシンプルに設計されているので、特別なスキルやツールへの知識がなくても難なく使いこなすことが可能です。

公式サイトでは各画面のデザインを確認できるようデモページを用意。実際にサイトを訪れて画面デザインの分かりやすさを確認してみましょう。

3.安心して利用できる堅牢なセキュリティ

シナジー セキュリティ

3つ目は安心して利用できる堅牢なセキュリティを備えているということ。

ECサイトではユーザーの膨大な個人情報を扱います。とくにCRMでは個人情報をデータベース化してまとめて管理するため、万全のセキュリティ体制が必要不可欠です。

Synergy!では、事業者が安心してサービスを利用できるために堅牢なセキュリティ環境を用意。具体的には、

  • ファイアウォールによる不正侵入の検知・防止
  • ウイルスセキュリティ
  • SSLによるデータの盗聴や改ざんのブロック
  • 脆弱性対策
  • 操作ログ
  • 強制ログオフ
  • 二重ログイン検知

といった、内部・外部両面からのセキュリティリスクに対してしっかりと対応することが可能です。高度なセキュリティ環境の構築はECサイトを利用するユーザーにとっても重要な関心事だけに、サービスを選ぶ上でのポイントの1つとなるでしょう。

「管理する・集める・伝える」Synergy!の3つの機能を紹介

ここからはSynergy!の機能概要について詳しくご紹介していきます。

Synergy!では、機能を分かりやすく「管理する・集める・伝える」という3つに分類して提供しています。それぞれの機能を見ていきましょう。

【管理する】

シナジー データベース
  • データベース機能

『管理する』とは、Synergy!のデータベース機能のことをいいます。

データベース機能は、大きく氏名・住所・連絡先などの個人情報を管理する「顧客属性データ」と、施策や顧客の行動を元に管理する「顧客行動データ」の2種類に分けられます。

データベースは、サービス導入移行はもちろん、これまで管理してきたExcelの管理データや既存の外部データベースとも連携することが可能。また、データベースを元に特徴が一致するユーザーを抽出し、新たなデータを作成できるなど自由度の高い機能設計となっています。

【集める】

シナジー フォーム
  • フォーム機能
  • アンケート機能

『集める』では、入力フォームやアンケート機能を使ってユーザー情報を収集することが可能です。

フォーム機能では、PCとモバイル両方の画面で表示できるレスポンシブデザインに対応。近年はスマホユーザーが急激に増加しており、レスポンシブデザインの有無はより多くの情報を集めるためには必要不可欠です。また、フォームは無制限で作成でき、施策や用途にあわせてデザインをカスタイマイズすることも可能です。

アンケート機能では、簡易的なアンケートから本格的な調査まで多様なニーズに対応可能。アンケートで収集したデータはリアルタイムで反映されるため、ユーザーがいま・何を求めているのかを的確に把握することが可能です。

【伝える】

シナジー メール配信
  • メール配信
  • LINEへの配信
  • 広告連携
  • Web

『伝える』では、CRMの具体的な施策を実行することができます。

メール配信機能では、オートメール、ステップメール、リターゲティングメールといった各種メール機能を使って、ユーザーにピンポイントでメールを配信可能。HTML対応や、A/Bテスト実行など機能性にも優れており、質の高いメールマーケティングが実行できます。

LINEへの配信機能は開封率の高いLINEに向けて、メッセージを送信することが可能。顧客情報や行動履歴などにあわせて細かく配信先を設定できるため、届けたいユーザーにダイレクトでアプローチできるでしょう。

広告連携機能は、CRMを通して得られたデータベースを元に、広告を配信することができます。Facebook/Instagram広告、Twitter広告、Yahoo! DMP、Google 広告といった多彩な媒体に広告を出稿可能。CRMでセグメント分けされたユーザーに最適化して広告が配信されるため、費用対効果の高い広告運用ができるでしょう。

Web機能では、バナーやHTMLなどを使い、Webサイトを訪れたユーザーにアプローチすることが可能。ターゲットを自由に設定できるため、自社の目的やユーザーにニーズを見極めた柔軟なCRM施策が実行可能です。

Synergy!の料金プランは?

では、気になるSynergy!のサービスを導入する際の料金プランについて見ていきましょう。

料金はユーザーの用途にあわせて組み合わせが可能

Synergy!の料金プランは、ユーザーの用途にあわせて組み合わせてを自由に選ぶことができます。

【基本料金】

機能月額料金初期費用
データベース/フォーム15,000円~118,000円

基本料金では、データベースとフォームへの申込が必要となります。月額は15,000円~で、初期費用は118,000円に設定されています。

【追加料金】

機能月額料金初期費用
メール配信10,000円~30,000円
アンケート15,000円〜30,000円
LINEへの配信0円〜30,000円
Webパーツ10,000円〜30,000円

追加料金では、ユーザーが利用したい機能だけを選んで、機能を拡充することができます。自社で欲しい機能だけを利用することができるため、無駄のコストがかからず自由度の高いサービス利用が可能です。

まとめ

今回は、クラウド型のCRMツール「Synergy!(シナジー)」に特徴や機能、料金プランについて解説しました。

Synergy!は自社のCRMを一気通貫で利用することができ、売上のアップや作業効率の改善に大きく貢献してくれます。シンプルで使いやすい画面デザインや機能が用意されているので、サービスを導入してからすぐにCRM施策に取り組むことができるでしょう。

ECに関する最新の情報を集めるなら、EC Workがおすすめです。ECの構築から運営に関する各種情報を幅広く届けしています。EC事業者の方にとって役立つ情報が揃っているので、ぜひ参考にしてください。