EC向けオープンソース型サービスのメリットとデメリットは?

EcWork編集部

オープンソース型のソフトウェアを使って、ECサイトの構築を検討している方も多いのではないでしょうか。

オープンソース型のサービスは、無料でネットショップを立ち上げることができる上、カスタマイズの自由度が高いというメリットがあります。一方で、専門的なノウハウが必要な点や、セキュリティ面での対策が必須というデメリットがあるのも事実です。

そこで今回は、ECサイト構築向けのオープンソース型サービスのメリットとデメリットについて解説します。この機会にサービスの強みと弱みをしっかり把握しておきましょう。

オープンソース型とは?

オープンソースとは、無償でソースコードが公開されているソフトウェアのことを言います。

ソースコードとは、コンピューターのプログラムを実行するための「言語」にあたるもの。オープンソース型のサービスは、このコードが全世界に公開(オープン)されていることから、ソフトウェアを誰でも自由に利用することが可能です。

コストの抑制と自由度の高いサイト構築が魅力

ECサイトの構築時にオープンソース型のサービスを利用する目的として、コストの抑制が挙げられるでしょう。誰でも無償で利用できることから、専門的なノウハウさえあれば自社サイトを低コストで立ち上げることができます。

また、サイトのデザインやサービスのひな型が決まっているASPサービスに比べ、自由度の高いサイトを構築できる点も魅力の1つです。

国内ではEC-CUBEが人気を集める

日本でもオープンソース型のサービスを利用してECサイトを立ち上げる事業者は多いですが、とくに人気を集めているのが「EC-CUBE(イーシーキューブ)」です。国内シェアではNo.1の実績をほこり、機能数の豊富さや日本向けのきめ細やかサービスで盤石の地位を築いています。

海外発のオープンソース型サービスなら、「Magento(マジェント)」が有名でしょう。世界第2位のシェアをほこり、越境ECに強いサービスを展開しています。

その他にも欧米を中心にユーザーが多い「osCommerce(オーエスコマース)」は、アドオン機能が充実しており、派生型サービスにあたる「ZenCurt(ゼンカート)」と並んで知名度の高いオープンソース型サービスです。

オープンソース型のメリットは?

メリット

ここからは、ECサイトの構築にオープンソース型のサービスを利用するメリットとデメリットについて深掘りしていきます。

まずはメリットの部分から見ていきましょう。

メリット1.無料でサイトを構築できる

オープンソース型を使う最大のメリットは、無料でECサイトを構築できること。

オープンソースは全世界に無償で公開されています。そのため、ASPサービスの利用料や、外部の事業者に開発を委託するコストが発生しません。初期費用としてサーバー代や設備投資は必要となりますが、将来的なランニングコストを考えればオープンソース型にメリットがあると言えるでしょう。

少しでも構築にかかるコストを抑制したい事業者にとっては、大きな魅力の1つです。

メリット2.拡張機能が豊富に用意されている

ソフトウェアを利用していると、機能の追加や拡張が必要となってきます。こうした拡張機能(プラグインやアドオンなど)が豊富に用意されているのも、オープンソース型のメリットです。

ASPなどのパッケージ型のサービスでは、サービス会社によって機能の制限や対応の有無があるため、「欲しい機能がない…」といったケースも出てくるでしょう。その点オープンソース型は拡張機能の種類自体が圧倒的に多いため、欲しい機能がほぼ網羅されているといえます。

また、新しい機能も次々と追加されることから、ユーザーのニーズやトレンドに柔軟に対応することも可能です。

メリット3.デザイン面の自由度が高い

機能面だけでなく、デザイン面の自由度が高い点もオープンソース型のメリットでしょう。

ECサイトではブランドや取り扱う業種によって、サイトデザインの傾向も違ってきます。ありきたりなデザインでは、ユーザーの心を掴むことはできません。

オープンソース型なら、デザインを細部まで調整することができ、オリジナリティのあるサイトを構築することができます。「テンプレートのデザインでは満足できない」「ブランドイメージに合うようアレンジを加えたい」といった事業者にはぴったりです。

ブランディングを強く意識したい事業者にとっても、メリットが大きいと言えるでしょう。

オープンソース型のデメリットは?

デメリット

ECサイトを無料で構築できる上、機能・デザイン面での自由度が高いオープンソース型のサービス。メリットが多いように映りますが、デメリットにはどんな点が挙げられるのでしょうか?

デメリット1.専門的な知識が必要となる

オープンソース型のサービスを利用するには、ソフトウェアに関する専門的な知識が必要不可欠です。まったくノウハウを持たない事業者にとってこのハードルは高く、オープンソース型のデメリットと言えるでしょう。

具体的には、サイトを構築するためのスキルはもちろん、運営管理やバージョンアップ、トラブル対応などが必要となります。

他社との差別化を図るため、ユーザビリティやブランディングを意識したサイトを構築するとなると、求められる知識のハードルはさらに高くなるでしょう。

デメリット2.セキュリティ対策が不可欠

オープンソースを利用するなら、セキュリティ対策は必須です。

オープンソースはその特性上、ソースコードが全世界に公開されています。つまり、セキュリティ面での欠陥や穴(セキュリティホール)も筒抜けになっているということ。ユーザーの個人情報を大量に取り扱うECサイトにとっては、大きなデメリットと言えます。

もちろんセキュリティ対策を施すことで、サービスを安全に利用することは可能です。しかし、こうしたオープンソース型サービスを狙った悪意ある攻撃は後を絶たず、たびたびセキュリティの脆弱性が指摘されています。

こうした脅威から自社サイトを守るためにも、事業者には最新の知識と高いセキュリティ意識が求められます。

デメリット3.運営管理面での負担が大きい

デメリットには、運営管理面での負担が大きい点も挙げられます。

自社でサイトの運営や管理を一手に担うことになるオープンソース型サービスは、高い専門性やセキュリティ意識が求められるため、管理者の負担も大きくなります。

無料でサイトを構築できることからオープンソース型サービスを導入したにも関わらず、結局専門業者に委託することに…といったケースも見られ、これではコストはかえって増えてしまうでしょう。

システムをしっかりと運営できる人材は業界全体でも慢性的に不足しています。他社との競争を制して即戦力を確保するとなると、労力や人件費も高くなるでしょう。こうした面も、オープンソース型のデメリットと言えます。

ASPとオープンソースどちらを選ぶべきか?

さて、本記事ではオープンソース型サービスのメリットとデメリットをご紹介してきましたが、事業者の方の中にはASPなどのEC構築サービスとオープンソース型サービスのどちらを選ぶのか迷う方も多いかもしれません。

初心者ならASP、事業規模が大きいならオープンソースがおすすめ

結論から述べると、初心者ならASPが、事業規模が大きいならオープンソース型サービスがおすすめと言えるでしょう。

EC初心者にとって、サイトを運営するという作業は想像以上に負担の大きいものです。専門知識がない状態からスタートするとなると、少しでも作業負担を軽減しておくに越したことはありません

一方事業規模が大きい場合、ASPサービスでは機能や容量、デザインといった部分で物足りなさを覚える可能性があります。高いコストを払って機能や容量を拡張するくらいなら、専門的な知識を習得してオープンソース型で運営する方が、将来的にはベストな選択と言えます。また、自社でサイトを運営できれば、マーケティング面でもより自由度の高いアプローチが可能となるでしょう

もちろん、オープンソースに限らず、パッケージ型やクラウド型といったサービスを導入するのもアイデアの1つです。さまざまな情報を比較しながら、自社の予算やノウハウに適したサービスを選ぶようにしましょう。

>ASPサービスについてはこちらの記事をチェック↓

まとめ

今回は、ECサイト構築向けのオープンソース型サービスの、メリットとデメリットをご紹介しました。オープンソース型は、全世界に無料でソースコードが公開されており、誰でも自由にサービスを利用することができます。

ECサイトでサービスを利用するメリットとしては、構築にかかる費用を抑制できる点が挙げられるでしょう。無料でサービスを利用できるという点は、事業者にとって大きな魅力と言えます。また、拡張機能が豊富に用意されていることから、自由度の高いサイト設計が可能。デザインや機能面で他社との差別化を図れる点もメリットの1つでしょう。

一方、サービスを利用するための専門的な知識が必要な点はデメリットに数えられます。とくにセキュリティ対策は、オープンソースの特性を考えても必要不可欠な知識といえ、高度なスキルが要求されるでしょう。こうした運営や管理での負担が大きい点も、オープンソース型を導入する際は考慮しておかなければなりません。

上記のように、オープンソース型のサービスにはメリットとデメリットの両面が存在します。しかし、デメリットを解消する体制が整っていれば、魅力あるECサイトを構築することが可能です。自社でカバーできない部分だけを外注するなど柔軟に対応して、最適な導入方法を検討してみましょう。